◆セレクトワークショップレポート(2014年9月21日開催)◆

September 23, 2014

9/21(日)のセレクトワークショップは、7名の方にご参加いただき、

とても密度の濃いワークショップとなりました。

 

「自分がやりたいワークを選んで参加する」という趣旨での開催でしたが、

参加者の皆さまが非常に意欲的だったため、ほぼ6時間の連続ワークとなりました。

 

休憩中もわからないことを質問したり、習ったワークの練習をしたり・・・。

 

本当に素晴らしい方々にご参加いただけ、嬉しく思います。

 

私も主催者ながら、右脳と左脳を刺激され、良い体験になったと感じております。

 

ワークの内容は、

 

第一部 ≪繋がる力を鍛えよう ≫

 

13:30~14:00 自己紹介のワーク

14:00~14:30 声の教養講座

14:30~15:00 発声練習のワーク

15:00~15:30 ジブリッシュ・トーク

15:30~16:00 ジブリッシュ・シェアードストーリー

16:00~16:30 アクティブリスニングのワーク

 

◆発声練習のワーク◆

壁を押した時の体の反応を感じて、丹田(たんでん)の場所を探します。

やる気はこの丹田あたりに持っておくといいんですって。

 

 

ジブリッシュ・シェアードストーリーのワークは、

「めちゃくちゃ外国語を使い、みんなの前で昔話を話し、何の話かあてる」

というワーク。

 

想像以上に、一人一人が役になりきって、感情を上手に伝えていました。

◆ジブリッシュ・トーク◆

まずは2人でペアになって、めちゃくちゃ外国語(ジブリッシュ)で話します。

なんとか相手とコミュニケーションをとろう、とみんな一生懸命です。

 

◆ジブリッシュ・シェアードストーリー◆

12個の昔話のタイトルが書かれたカードから1つランダムにひき、

そのストーリーをジブリッシュで伝えます。

気恥ずかしさもだんだんとれてきて、意外と伝わる!とみんな感動していました。

 

第二部 ≪感じる力を鍛えよう≫

 

17:30~18:00 自己紹介のワーク

18:00~18:30 めかくし鬼ごっこ

18:30~19:00 サイコロジカル・ムーブ

19:00~19:30 出会いの即興

19:30~20:00 拍手のワーク

20:00~20:30 センターレッスン

 

めかくし鬼ごっこは、目をつぶり、

鬼ごっこ(スローモーションで動きます)をするワーク。

 

私たちは普段、

視覚情報にどれだけ頼っているかを感じました。

 

視覚以外の、聴覚や嗅覚、触覚を使うことで、

いつもとは違った感覚を味わいました。

 

◆めかくし鬼ごっこ◆

2人ペアになって、1人は目を閉じ、もう1人は声だけで相手を誘導します。

視覚情報がなくなると、なぜか前後に進むのが怖くて、

横の移動しかしなくなったり、同じところを行ったり来たりしたり・・・。

 

めかくし鬼ごっこの後は、みんな感覚が鋭くなり、

音やエアコンの風、匂いに敏感になっていました。

◆出会いの即興◆

端と端から歩いてきて、中央ですれ違い、そして振り向き出会います。

目と目が合い出会った時、

自分の中に生まれる小さな感情をキャッチし、

素直に相手と交換し合うという体験をします。

 

◆サイコロジカル・ムーブ

体がある姿勢やポーズをとった時に、心に及ぼす影響を感じるワークです。

今回はまず、「気持ちよい」ポーズをそれぞれが考えて、

その後みんなで同じポーズをとってみて、どんな気持ちになるかシェアしました。

 

参加者の方からは、

 

「たくさんの気づきの種を頂きました。

 これからゆっくり育てていこうと思います」

 

「他己紹介をすることで、

 自分がきちんと周りにフォーカスを当てていることに気づけました。」

 

「初対面の人と交流できるのもいい刺激です!

 気づきと刺激のワークショップ!」

 

「めかくしウォークはこわかったけど、面白かったです。」

 

「一日の始まりに、勉強前に少し体を広げ、

 リラックスさせることをしてみたいなぁと思いました。

 体から気持ちへ!

 ありがとうございました!」

 

などの感想をいただきました。ありがとうございます。

(takaco.)

Please reload

最新の投稿
Please reload

過去の投稿
Please reload